もし、あなたがレストランに行って食中毒にあったとしたら、どのように対処しますか。

まず病院に行って治療を受けることでしょう。その後、食中毒を出したレストランに治療代などの損害を支払ってもらいたいとお考えになるかもしれません。

仮に、あなたが裁判所に、食中毒を出したレストランが治療代などを支払うよう命じることを求める「訴え」を起こしたとします。

このように、過失などによって他人の権利等を侵害した人に対して損害を償ってもらうよう求めることを「損害賠償請求」といいます。

「損害賠償請求」が裁判所に認められるためには、原則として、「訴え」を起こした人(原告)が、食中毒になったこと、その原因がレストランで提供された食事にあること、加害者の過失などを主張・立証しなければなりません。

こうしたことを証明するには、一般には難しいことがあります。例えば、食中毒の原因を特定することは一般の人には難しいので、保健所による検査結果などを利用することになります。さらにいえば、あなたがこのレストランを利用したことについても、いざ「証明」といわれると難しいことが多いでしょう。このようなとき、レストランのレシートがあると、被害者が食事をした日時と内容がわかるので、証明が楽になります。まさかの時のためにレストランのレシートを捨てずにとっておくといいかもしれませんね。

日常生活では、食中毒など思いがけないことが起こるものです。こうしたときは、医師による診断・治療を受けることが大切ですが、弁護士は損害賠償など法的な問題についてお力になりますので、お気軽にご相談ください。

※「食中毒かな?と思ったら」の詳しい情報は、こちらをご覧ください。

関連記事 こちらもどうぞ

捜査協力は義務か? (法律豆知識)

刑事事件において、犯罪が誰により、どのように行われたか、その証拠を集めることを「捜査」と言います。

警察や検察から「お話を聞かせてください」や「防犯カメラの映像を提供してください」等と依頼された場合、必ず協力しなければならないのでしょうか?

【動画】裁判の手続きについて(おくだ総合法律事務所YouTubeチャンネル)

裁判はどういう流れで進んでいくのか、図を示しながら分かりやすくご説明しております。

この動画は6分ほどで視聴可能です。よろしければご覧ください。

弁護士による面談のご予約は


弁護士 おくだ総合法律事務所
福岡市中央区大名 2-4-19 福岡赤坂ビル601
TEL : 092-739-6262

フリーダイヤル平日8:30-18:00 [土]10:00-15:00
メール・電話での相談はお受けできません
ご予約いただき、ご来所のうえご相談ください