よくあるご相談に、「昔の借金で、自分でももう忘れていたのが、最近、督促のハガキが届いた。延滞利息が元金の何倍にもなっているが、返さなくてはいけませんか」というのがあります。

とくに最近では、消費者金融等から「債権譲渡」を受けたという業者からの督促状というパターンもよく見かけます。このような場合、法的には、「消滅時効」が完成しており、このことを主張すれば支払義務を免れる可能性があります。

ごく大雑把にいえば、最後の返済から5年以上経過していれば、時効の可能性大です。なお、消滅時効が完成していても、うっかり、督促状に書いてある「連絡先電話番号」に電話するなどして一部でも支払ってしまうと、以後、消滅時効を主張できなくなってしまい、元金のみならず莫大な延滞利息まで支払わなければならないことになってしまうこともありますので、早めに弁護士など専門家に相談することをお勧めします。

おくだ総合法律事務所では債務問題に関する専門サイトを開設しております。

自己破産、個人再生、任意整理の手続きの概要や、よくある質問等の情報を掲載しております。動画での解説もございますので、よろしければご覧ください。

おくだ総合法律事務所 債務整理専門サイト

関連記事 こちらもどうぞ

時効の種類と区別(法律豆知識 ブログ)

民事法における時効(取得時効と消滅時効)、刑事法における時効(公訴時効と刑の時効)それぞれについてご説明しております。

時効(民事)の中断・停止(法律豆知識 ブログ)

民事法における、「取得時効」と「消滅時効」についてご説明しております。お金の貸し借りの場面を例にした解説もございます。

民法改正案について(1)消滅時効(法律豆知識 ブログ)

民法が改正されるという話題は新聞やテレビニュースでご存知かと思います。改正が予定されている中には「消滅時効」に関する条文の改正も含まれています。

では、どのように変わっていくのでしょうか。この点について、説明しております。

 

弁護士による面談のご予約は


member
フリーダイヤル 0120-976-481
平日8:30-18:00 土曜10:00-15:00
メールでの面談ご予約

メール・電話での相談はお受けできません
ご予約いただき、ご来所のうえご相談ください

おくだ総合法律事務所
福岡市中央区大名 2-4-19 福岡赤坂ビル601

こちらもどうぞ