福岡の弁護士 おくだ総合法律事務所福岡県福岡市中央区大名 2-4-19 福岡赤坂ビル601 Tel 092-739-6262

MENU

株式会社の設立

Q.経営している商店が軌道に乗ってきたので、会社にしようと思います。株式会社にすると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

A.会社を設立するメリットは、個人事業と比べて社会的な信用が高いため、取引や事業資金の借入れに有利であること、所得が継続的に約500万円を超える場合には節税できる可能性があることなどが挙げられます。

会社を設立するデメリットとしては、会計処理や法人税の申告の事務が増えること、健康保険・厚生年金保険に加入しなければならないので従業員を雇う費用が増えることなどがあります。

会社を設立するメリットの方が大きければ、早めに設立の準備をした方がよいでしょう。株式会社を設立するには、書類を作成して登記をしなければならず、時間と労力と専門知識が必要なので個人事業で忙しい方には困難なことが多いといえます。しかし、弁護士にお任せいただくと早く確実に設立手続ができますので、企業法務に専門知識のある弁護士にご相談ください。

1 「個人事業」と「株式会社」

個人が経営しているお店などの「個人事業」では、店主個人が取引を行い、店主個人が亡くなれば店舗など事業用の財産が相続されます。

これに対して「株式会社」では、会社という法人が代表者である取締役(代表取締役)を通して取引を行い、株主や代表取締役が亡くなった場合でも法人の事業用の財産は相続されません。これは、店主個人が1人で株主と代表取締役を兼ねる場合も同様です。

2 会社を設立するメリット・デメリット

(1)会社を設立するメリット

「株式会社」は、「個人事業」と比べて社会的な信用が高いため、取引や銀行からの事業資金の借入れ、人材の確保などに有利です。

そして、所得が継続的に約500万円を超える場合などには、法人化することで節税できる可能性があります。
また、仕入れなど取引上の債務、銀行からの借入れ、税金など、未払いがある場合、「個人事業」では店主個人が返済しなければならず、店主個人の自宅などの財産を差し押さえられる可能性があります。これに対し「株式会社」では、株主が出資の範囲でのみ返済する義務を負い、個人の財産が差し押さえられることはありません。ただし、店主個人がお店の債務の保証契約をしていれば、保証債務を支払わなければなりません。

(2)会社を設立するデメリット

株式会社では、健康保険・厚生年金保険に加入しなければならないので、従業員を雇う費用が増えることになります。

そして、法人税のほかにも、法人住民税・事業税といった税金を納付しなければなりません。
また、会計処理や法人税の申告の事務が増えますので、会計や税金の知識が必要となりますし、専用のソフトウェアを導入した方がよい場合もあります。

3 株式会社の設立手続

会社を設立するメリットの方が大きければ、早めに設立の準備をした方がよいでしょう。
「株式会社」を設立するには、会社の根本の規則である「定款」を作成して「公証人」の認証を受け、出資の履行、設立の登記をする必要があります。こうした書類を作成したり、登記のため法務局に出向いたりするには、時間と労力と専門知識が必要なので忙しい方には困難なことが多いといえます。しかし、弁護士にお任せいただくと早く確実に設立手続ができますので、企業法務に専門知識のある当事務所の弁護士にご相談ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
ご予約専用フリーダイヤル
Information
おくだ総合法律事務所
(旧:奥田・二子石法律事務所)
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名 2-4-19
福岡赤坂ビル601
(1階はアパマンショップです)
 Tel 092-739-6262
 Fax 092-739-6260
営業時間
 平 日 AM8:30~PM6:00
 土曜日 AM10:00~PM3:00
 (日曜・祝日はお休みです。)
  • facebook
  • twitter
サービス対象地域
福岡市、福岡県全域及びその周辺地域 詳しくはコチラ
PAGETOP