福岡の弁護士 おくだ総合法律事務所福岡県福岡市中央区大名 2-4-19 福岡赤坂ビル601 Tel 092-739-6262

MENU

株主総会

Q.家族で経営していた商店を株式会社にしましたが、「株主」になってもらった親戚と代表取締役との折り合いが悪くなっています。「株主総会」に向けた準備や当日の運営をどのようにすればいいでしょうか?

A.「株主総会」とは、「株主」が会社についての意思決定をする機関です。

「取締役」の解任など「株主総会」での議案が認められるかどうかは、どの「株主」が「株式」をいくつ持っているかによって変わりますから、「株主」を確定しなければなりません。

「株主総会」での決議が有効であるためには、「株主総会」の招集手続や決議の方法が法律に則って行われる必要があります。このため、「株主総会」は招集通知の発送や当日のリハーサルなど、事前に入念な準備が必要となります。

「株主総会」を法律に則って招集し、当日の議事運営を円滑に行うには、法律的な知識だけでなく時間も手間も必要ですので、中小企業の経営者にとっては、なかなか気が重いものです。

弁護士に相談すれば法的な紛争の防止についてのアドバイスを受けられますし、顧問契約を結んでおけば、「株主総会」に向けて継続的にサポートを受けられるので、安心といえます。

1 「株主総会」とは

「株主総会」とは、「株主」が会社についての意思決定をする機関です。

株式会社では、本来、出資者である「株主」が所有者であり、取締役は会社から経営を任されている関係にあります。

このため、「株主総会」は、会社の最高かつ万能の意思決定機関といえます。しかし、取締役3人以上で構成される「取締役会」がある会社では、「取締役会」が経営についての意思決定をしますので、「株主総会」が意思決定できるのは、一定の事項に限られます。

しかし、「取締役会」がある会社でも、「株主総会」は「取締役」を解任できることになっています。

2 株式と株主総会

「株式」とは、会社の株主としての権利を表すものです。「株主」は、原則として、保有する「株式」の数に応じて、「株主総会」で議決権を行使することができます。

例えば、「取締役」の解任など「株主総会」での議案が認められるかどうかは、どの「株主」が「株式」をいくつ持っているかによって変わりますから、「株主」を確定しなければなりません。

そして、「株主総会」での決議が有効であるためには、「株主総会」の招集手続や決議の方法が法律に則って行われる必要があります。このため、「株主総会」は招集通知の発送や当日のリハーサルなど、事前に入念な準備が必要となります。

3 株主総会のご相談

「株主総会」は、毎事業年度の終了後、一定の時期に招集しなければならないことになっています。この「定時株主総会」は、「取締役」が1年間の経営の成績表ともいえる「計算書類」などを提出したり、「株主」が「取締役」の選任・解任をしたりするなど、「株主」の意思を決定する最も重要な会社の行事といえます。

「株主総会」を法律に則って招集し、当日の議事運営を円滑に行うには、法律的な知識だけでなく時間も手間も必要ですので、中小企業の経営者にとっては、なかなか気が重いものです。

しかし、弁護士に相談すれば法的な紛争の防止についてのアドバイスを受けられますし、顧問契約を結んでおけば、「株主総会」に向けて継続的にサポートを受けられるので、安心といえます。「株主総会」に向けた準備は、当事務所にお気軽にご相談ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
ご予約専用フリーダイヤル
Information
おくだ総合法律事務所
(旧:奥田・二子石法律事務所)
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名 2-4-19
福岡赤坂ビル601
(1階はアパマンショップです)
 Tel 092-739-6262
 Fax 092-739-6260
営業時間
 平 日 AM8:30~PM6:00
 土曜日 AM10:00~PM3:00
 (日曜・祝日はお休みです。)
  • facebook
  • twitter
サービス対象地域
福岡市、福岡県全域及びその周辺地域 詳しくはコチラ
PAGETOP