福岡の弁護士 おくだ総合法律事務所福岡県福岡市中央区大名 2-4-19 福岡赤坂ビル601 Tel 092-739-6262

MENU

契約書-と-確約書

「契約書」と「確約書」。

同じように見えて、次のとおり違いがあります。

「契約書」は、当事者の双方が「合意」して、双方が署名捺印するものです。「合意書」ともいい、署名捺印した双方がこれに拘束されます。

「確約書」は、当事者の一方が「確約」するに過ぎず、一方のみが署名捺印するものです。「念書」ともいい、署名捺印した当事者のみがこれに拘束されます。

企業法務の実践では、この二つを的確に使い分けることが武器になります。
たとえば、会社で従業員の使い込みが発覚し、とりあえず500万円分については本人も認めているものの、今後の調査によっては額が増大する可能性があるというような場合。

このような場合は、まず、発覚した500万円について本人から「500万円の使い込みを認める。これについては責任をもって返済する。」という「確約書」(念書)を取っておき、その後、社内調査で全体像が明らかになり、返済方法について本人と話し合いがついた段階で「使い込み額は総額1000万円、返済方法は10回の分割払い、遅れずに返済されれば刑事告訴はしない」といった内容で、本人と会社とで「契約書」(合意書)を作成するのです。

本人が認めているうちに、早期に「確約書」をとっておくことで、その後、気が変わってしまって否認に転じたりすることを防ぎ、返還交渉をスムースに進めることができるというわけです。

企業のご相談

面談ご予約専用フリーダイヤル TEL 0120-976-481 平日8:30-18:00 土曜10:00-15:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
ご予約専用フリーダイヤル
Information
おくだ総合法律事務所
(旧:奥田・二子石法律事務所)
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名 2-4-19
福岡赤坂ビル601
(1階はアパマンショップです)
 Tel 092-739-6262
 Fax 092-739-6260
営業時間
 平 日 AM8:30~PM6:00
 土曜日 AM10:00~PM3:00
 (日曜・祝日はお休みです。)
  • facebook
  • twitter
サービス対象地域
福岡市、福岡県全域及びその周辺地域 詳しくはコチラ
PAGETOP