去る8月7日(水)福岡ビル9階において、「第3回 経営労務セミナー」を実施しました。
今回のテーマはずばり「セクハラ・パワハラ」。
経営者と従業員との間ではもちろん、従業員同士(上司と部下)での問題でも、経営者(会社)が責任を問われることが多い問題で、厚労省の発表でも近時、労働者側からの相談が急増している分野でもあります。

セミナーでは、実際の裁判例の事案にもとづく寸劇も披露しました!!
実際に「セクハラ」「パワハラ」として問題になった事例について、どのような点がポイントとなるのか、「経営側」「労働者」のそれぞれの役に分かれて具体的な場面を講師らが白熱の演技(!)で再現。

参加者の皆様には、裁判例について、具体的なイメージをお伝えできたのではないでしょうか。

今回も、お盆休み前の慌ただしい時期にもかかわらず、約40名あまりの方々にご参加いただきました!ありがとうございました。

経営・労務セミナー。今後も、がんがん開催していきたいと思っております。再演(!?)含め、「こんな分野に興味がある」「ココを聴きたい」等のご希望があれば、当事務所までメールにてご連絡いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします